どうでしょうか、リアルからマンガチックなものまで磔少女でお好みの娘はおりますでしょうか



たとえイラストであっても我々男どもを興奮させてくれるならそれで良し、ですよね。こういったものでしか興奮しないこっち系フェチの方はある意味気の毒な人生ではありますが、まあ、それだって本人しだいですからとやかく言うつもりは毛頭ございません。まあ、気楽にたのしみましょうか。


Nightmare×Vampire 〜復讐のインフェルノ〜 DL版

Nightmare×Vampire 〜復讐のインフェルノ〜  DL版

鬼月零(きづき れい)は、幼い頃に両親を亡くした女子学生。

ルーマニア出身の吸血鬼一族の祖父を持つクォーターだが、

吸血鬼の血は薄く、普通の人とほぼ変わらない生活をしている。

常に持ち歩いている木刀は、剣術の達人だった父が残した唯一の形見で、

記憶に残る父の太刀筋を元に、一人で腕を磨いていた。

すべては、両親の敵でもある悪魔たちを根絶やしにするために……。

目的の悪魔の情報を聞きつけ、とある学園に転入した零は、1人の女性と出会う。

神堂刹那(しんどう せつな)というその女性は、

零と同様に悪魔と敵対するエクソシストだった。

しかし、その行動理念は零とは全く別のもので、相容れない2人。

それでも、出没する悪魔を相手に、意図せず共闘を繰り返すうちに、

お互いの実力を認め合い、次第に距離は縮まっていく。

さらには、刹那の姉の悠果(ゆうか)や、姉妹の幼なじみの冬馬(とうま)などと

交流を交わすうちに、徐々に心を開いていく零。

しかし、その先に待ち受けていたのは終わりの見えない淫らな地獄だった……。



euphoria(HDリマスター)Best Price版

euphoria(HDリマスター)Best Price版

インモラルハードコアADV「euphoria」が高解像度(1024×768)版、「euphoria HDリマスター」となって登場!

その檻は、地獄か楽園か。

目を覚ますと、見覚えのない白い部屋にいた――

白い密室に閉じ込められたのは、主人公・高遠恵輔と6人のヒロインたち。

幼なじみの帆刈叶、クラス委員長の安藤都子、後輩の蒔羽梨香、英語教師の葵菜月と、同学年の白夜凛音、そしてクラスメイトの真中合歓。

異常な状況に混乱する彼らに、突如として ‘謎の声’ が告げる。

「これからゲームを開始します」

この部屋から脱出するためには、恵輔が ‘開錠者’ となってヒロインの一人を ‘鍵穴’ に設定し、指定された行為を行って ‘鍵を開ける’ 必要がある。

その理不尽かつ過激で背徳的な行為の内容に、都子は逆上し、‘謎の声’ を激しく糾弾する。

突然の暗転。悲鳴をあげる少女たち。

再び白い空間が白い光で満たされた時、彼らの目に飛び込んだのは、グロテスクな拷問装置に拘束された都子の姿だった。

「ゲームを放棄した者には死を」

声と共に装置に電流が流される。 白目を剥き失禁、脱糞する都子。 悲鳴をあげ、泣き叫び、動揺するヒロインたち。

しかし恵輔は、そんな都子の姿にいい知れない昂奮を覚えていた。

恵輔には秘密があった。女性に対する破壊衝動と凌●願望――― それは、誰にも知られてはならない忌むべき衝動だった。

だがそんな恵輔の秘密は、合歓に見透かされてしまう。

合歓は秘密を盾にして、主人公に服従を強い、唇を寄せる。

「これは契約のキス」

恵輔は合歓の意外な行動に動揺しつつも、大切な叶を守り、脱出するため、ヒロインたちを●すことを決意する。

はたして恵輔は無事に白い部屋から脱出し、日常に戻ることができるのか?

それとも自らの暗い衝動に飲み込まれてしまうのか……

―――結末を決めるのは、主人公であるあなた自身です。



戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック

戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック

◆◇戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」◇◆

神々と魔族が等しく終りを迎える『ラグナロク』――

ある巨人が残した予言は成就し、世界の殆どは滅びを迎えている。

かつて、ミッドガルドと呼ばれていた土地はなく、今は霧が深く荒れ果てた大地に冷たい風が吹くのみ。

そこは「ニヴルヘイム」と呼ばれる土地だった。

荒廃した土地をさまよい歩く黒衣の男。主人公には自分の記憶がなかった。

その男は水を求め、やがて小さな泉にたどり着くものの、そこに住む大蛇に襲われてしまう。

持っていた剣で応戦する男。しかし大蛇は切り伏せたあとから湧き上がり、追い詰められてしまう。

だがそこに光が差し込み、大蛇を打ち払い男の危機を救う。光の方をみると剣を掲げた女神の姿が。

そこにいたの「太陽の戦乙女(ヴァルキリー)」スーリヤだった。

男はスーリヤの顔を見るなり何故か身体が熱くなり、欲望が疼くのを感じていた……。

◆◇戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」◇◆

神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。

しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、

魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。

そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。

ついに処刑の日がやってきた――。

手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。

主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々●辱したあげく、魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。

その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。

その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。

アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。

苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。

アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」

そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。

指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。

こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。

◆◇戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」◇◆

神々と人間に住む場所を奪われ地底奥深くに追いやられた悪魔達は、何百年もの間『ミッドガルド(地名)』を巡り、戦いを繰り返して来ました。

しかし、度重なるその戦も人間に加勢する戦乙女ヴァルキリーを中心とした神の軍によって阻まれてきました。

そんな状況を見かねた魔王は、真っ向からの戦いを止め天界でも絶対的な信頼とその中枢を担う女神フレイアを捕らえ、秘密裏に洗脳を施し天界内部からの侵略を計ります。

フレイアを利用して、ヴァルキリーの力の源である黄金の指輪を奪うことに成功した魔王は、主人公である魔王軍暗黒騎士団長デュークにヴァルキリー討伐を任せます。

デュークはヴァルキリーを捕らえその処遇を任せられると、神と人間への見せしめとして、人間共の希望であるヴァルキリーをあらゆる手段を使って貶め洗脳(エッチな調教)しはじめます。

日中問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、ヴァルキリーの心は次第に快楽の淵へと堕とされていきます。

◆◇戦乙女ヴァルキリーG〜戦乙女の黄昏〜◇◆

神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。

かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。

そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。

そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。

オーディンが遁走した後のアースガルドお混乱を収めたレイアは、デュークのことが忘れられずに『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。

レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう…。


ライブチャット

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)

見放題ch プレミアム

ヴァージンツィート ダウンロード販売

学園公認!便女当番 ~爆乳美少女が当番制で性処理してくれちゃう~ ダウンロード販売

アダルトDVDレンタル











本日の無料動画









[`fc2` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Return to Top ▲Return to Top ▲